top of page

覚悟?1千万円払える?

kintoneはWEB版カード型データベース と思っていました。 今週、実際にお客様と使っていてkintoneの動作をしげしげと見ていたらわかって来ました・・・ これは「カード型データベース」ではなく昔の「ハンドソートパンチカード」にそっくり。 できることもよく似ています。 関連レコード一覧って親のカードの項目から子のカードに棒を刺す。 棒に残ったカードを行表示。 あ これだ! kintoneの本質はプログラムや時系列の概念がない ただのパンチカードマシン。 だから アプリのメニューも親子関係(段ずらし)が無いんですね 納得! 動画の中では (1)ハンドソーとパンチカードの機能の限界 (2)ここからお金をかけて 「業務システム」にする困難さ をまとめました。 この動画が御社のkintoneDXのヒントになればと思います。

くわしくはこちらからも。



閲覧数:0回0件のコメント

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page