top of page

プラグインは迷路 野良犬歩けば棒にあたる

野良プラグインで最終的には棒に当たる。 キントーンはお祭り行って「何でもできる」と言われても、実際はできないことがたくさんあり ます。何でもできる何でもできるキントーンがあれば何でもできる。業務システムが何度もできるんだ! これ嘘はです。 という話を何回も何回もしてきていますデータと画面が1個になってます。 この問題は永遠に課題なんだということを申し上げてます。 サイボウズさんも 「トランザクション処理できません」 「排他制御厳しいです」 排他制御に関しては排他制御に失敗すると飛行機だって爆発しちゃうと いう話も別なビデオであげています。 この問題で基幹業務はできないできないと言っ てもプラグインプラグインプラグインが できるんだと言ってプラグインをたくさん 入れてるたくさん入れてやっていこうと 前回のインフラのお話で説明した通り プラグインは全部英語のコード ですノーコードでキトンでこれ全部嘘です プラグインは全部英語の命令軍コド ですインフラが進歩しないからインフラが 変えてくれないから均等が良くならない からプラグインでなんとかしようという ことは前回ごご説明した天に唾吐く自分で 首を閉めるこういうことになりますよと いうお話なんですねで忖度と有着均等の 細胞図さを拝めばプラグインを作ってれば プラグインを進めれば業務ができると言い 続ければこれでなんか仕事ができるこれ 間違ってないですかと1500円で均等で 業務が良くなるこう思ったのになんで こんなにたくさんお金払わなきゃいけない んだろうとことになりますプラグインが ないと全然大したことできないんですよね というパートナーの方々プラグインに投資 する覚悟を持ってください1年間で 100万円毎月何万も少しの投資そうじゃ ないと思うんですねこれ覚悟しなきゃいけ ないってなんかおかしいんじゃないかなと いうことでみんな集団の利益細胞図さの ライセンス の試験受かればいいことある集団の利益 なってこれおかしいんじゃヒトはわざと 機能を落としてあってプラグインを入れる ために落としてるんじゃなくてこういう 使い方をすれば最高のプラットフォームに なるこういう信念があってゼロ戦を作っ てるんだということを何度も言って ます昨日を追加すれば0戦は最後戦争に 負けましたけど同じようにわざとやってる できないのが強くなるためこういう部分が たくさんあるんじゃないかと私は思ってい ますノコードで業務アプリを使うこれ 正しいと思うんですねキトの持ってる能力 で業務システムを作ってこうこれができる んだというこのサイボさんのこの言葉は 信じていいと思うだけどプラグインを 入れればもうノーコードではなくなります と1番怖いのは最初に言ったに当たること つまり俗人的俗人的均等は俗人的じゃない と言うんですけど実は俗剣敵犬でみんな 拝むだけお手その人たちのプラグインを 入れた瞬間にそれは続権的になって棒に 当たっちゃうわけです ねヒトだけは本当に万能なんでしょうか エクルバカにして紙でやってました一生 懸命やってきたんですよExel もずっと進歩し続けてるんですねもちろん Exelはデジタルですアナログだなんて 言われるようなものじゃないこれは次の ビデオできっちり説明しますけどExel は俗人的じゃない作り方使い方があり ます そしてアプリの高製図作りましょう図面を 作りましょう他の先生もおっしゃってる 図面を作りましょうかっこいい感じですね 図面を作りましょう図面って一体何なん でしょう か脳コドとローコードの区別をしましょう ヒトはノーコードですプラグイン入れるん ですプラグインはコードですコード は図面で管理ができないんですねでこれ は工業製品ということなんですけど工業 製品はなぜ工業製品が工場で作るからじゃ ない 同じものが作れるようにするたびにその ため に産業革命 以降再現性のためにあらゆる努力をしてき た結晶が工業製品なんですね家を作ります こういうイメージですこれパースと言い ますけどパース から立メズを作る平面図を作る縦表を作る 配電図を作る家絶対失敗しない同じ家を 作るために製図設計の技術 が蓄積されてきたわけですねこういった 図面金属も同じですね同じものを同じ精度 で作るために図面を作ってきたわけですね ソフトウェアはどうなんでしょう私が日立 に入った時に日だけが工業製品としてての ソフトウェアを作りますという宣言をして 品質工場に取り組んでまし たこれフローチャートというやつですけど ある条件で処理をしてその条件をまた判定 するとでえ均等が万能だというのは嘘です 何でも作れるそうではないんです均等は 機能を削って性能を特化してその部分を 生かすことが重要です機関システムと接続 して均等の得手を生かす経営者の皆様がは 本当に均等でやってよかった繋げてよかっ たというシステムをご提案したいと思い ますえこれがソフトウェアの設計図1番 最初のフローチャートというものですね 処理があって条件があってその条件を 満たす満たさないでどこへ飛ぶかこれ命令 でgotoと言うんですけど勝手に いろんなとこ飛ぶと精度が上がらない品質 が上がらないということで最近は構造化 プログラムというのをずっと進きてるん ですねこういった具合に段がずれて奥深く 処理が進んでいくここの制度ここを図面で やるために日たちが考慮したPad図 パッド図というのがありますこれこういう 処理をこういう風に進めてってこの判定だ とこっちへ行くと階層構図を綺麗に表せる んですねでこういう図1つもないんですね プラグインプラグイン 使用書細かい使用書はあるんですね条件が どる時に売上を更新する売上の金額は マイナスになったらまず日本語でも定義し ます図面でも定義しますそして データベース1つ1つの項目がどこにどう いう更新をかけられるのかこれ設計図が あるんですねでもプラグインコドコドノー コードと言いながらコードの嵐になってる プラグインには使用書がないんですね皆 さん使用書使用書と言ってらっしゃいます けどあれ使用書じゃないですなぜかそこを ご説明しましょうまず例えばこういう データーコレクトこれ外付けソフトなん ですねキトンのデータを外からいじっ ちゃうそういうソフトです そして皆さん大好きなクルーデーター クルーデーターもキトのAPIキトの外 から命令を出して書き換えますキトの プログラムの中裏側にはプラグインを入れ ないんです ね そしてプラグインの側はプラグインの側で ルックアップの仕方とかデータのしデータ の画面での操作を無視して中で裏で どんどんデータを操作するわけですねそう すると自動生成ツールがこことここが関連 レコードですこことここがルックアップ ですなんか自動で図面作ってくれたみたい でこれいかなと思うわけですけどそこには これみんな乗ってこないんですねつまり金 トの知らないところでコードコードコード コード命令命令命令命令みんな裏側に いろんなことが入ってくるわけですねそう すると自動改札を潜っちゃう自動改札で 飛んちゃうこんなことが均等のノコードの 裏で入れたコドの中にはどんどんどんどん 入ってきてしまうわけですねでこんなこと されるともうお手上げという状態になり ます図面を作って管理することもできない し設計図とは全然違うものが出来上がる わけですねこの状態で俗人性を 脱却アナログからデジタルへコード入れれ ば入れるほどわかんなくなって変な動きを した時にああ外側のデータコレクトの設定 がおかしいかなあプラグインプラグインの 中の設定のあそこだプラグインもたっぷり 入ってますコーディングもいっぱいある しかもその中にバグと呼ばれる問題も入っ てるそして データ連携するクルーデータの設定これも ワンフィールド1データごとにいろんな 定義を入れるわけですね もうこんな状態の自動改札で収集つかない という状態になっていくしもうなってる わけですねでこれで俗人性がノコードだ からこれちゃんちゃらおかしいって話なん ですねこんな状態でキトがダメになっ ちゃうこと何回も何回も言いますけど心配 してますキト は野良プラグインで使えなくなるのは困る しキトでどういう業務が動いてるのか わかんなくなること大変に危険なことです キトは日本の100万社中小企業を救う インフラですウェブサーバーを立ち上げて ネットを使って業務をやる普通の会社が やったら3000万5000万ってかかる わけですねそれが1ヶ月1500円で できる業務ができる最低限のですけどねで もこの部分を活用すれば日本の100万社 の中小企業の中特に製造業を下ろし売業の 30万社変わるはずなん ですそこ にコーディングを入れてノーコード崇高な 想だと思いますけどねノーコードですぐに 皆さんが使えるものからプラグインプラ グインコーディングコーディングそれは ノラ自分でコントロールできなくなるもの を自分の会社の中に入れることですここを 十分ご理解いただきたいと思います今日は ここまで ですキントーンの先生方は上から目線で「属人化は悪」「キントーンが善」っておっしゃいますが 実は ノーコードのはずのキントーンがコードだらけで最悪の属人化状態なのことを隠していませんか? 野良プラグインと外付けAPIソフトでぐちゃぐちゃのスパゲッティ状態のキントーン。これをどうやって非属人化するのでしょうか? 工業製品の常識 作図。再現性確保 精度向上 ソフトウエア工学 品質保証 そんな概念・言葉さえも知らない 先生方が 伴走 伴走 月100万円。 この先ユーザーが迷路に迷うのは必然ではありませんか? どこかで軌道修正しないと!! キントーンは零戦 日本の宝です。なんとかこれが中小企業DXの中心になってほしいと思いますが「忖度と癒着」の世界では虚しい叫びです。 プラグイン プラグイン この安易な考え方がどんなに危険で かつ ユーザの首を締めるのか この動画の具体例で 説明させていただきます。 これまでのkintoneの先生方の唱える「お作法」なんてすべて無視すべき! Kintone教の「お勉強」はいらない!!キントーンを信じること キントーンは弱点を知ってうまくつかえば鬼に金棒 kintoneはそれだけで中小企業のDX(ITで強くなる)の肝なんです。 動画でぜひご理解ください。 https://www.reportpac.com/



閲覧数:1回0件のコメント

Commentaires

Noté 0 étoile sur 5.
Pas encore de note

Ajouter une note
bottom of page